TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

【アクセス】現地人がオススメする、ヒースロー空港からロンドン市内への行き方

https://www.instagram.com/p/sUgVaYHmvK/

今回は、ロンドン在住の私が、ヒースロー空港から市内への行き方をまとめてみました。

先に結論から書くと、私がオススメするのは「地下鉄」 or 「UBER 」です。

 

1. 地下鉄

https://www.instagram.com/p/BKqeKPrBtnn/

ピカデリー線が空港にまで延びており、一本でロンドンの中心部まで行けます。

一人3.75ポンドと格安なのが地下鉄。しかし、この料金はロンドンの交通系ICカードオイスター・カードでの料金であり、普通に買うと6ポンドします。

オイスター・カードなどについては、こちらで解説しています。

  • 乗り場:各ターミナル駅から
  • 料金:3.75ポンド(オイスター・カードを使わないと6ポンド)
  • 時間:60〜75分

2 高速バス(ナショナル・エクスプレス) 

イギリスの最大手のナショナル・エクスプレスが空港から、中心部のヴィクトリア・バス・センターまで運行しているバスです。1、3ターミナル地下鉄階階上にあるセントラルバスステーションへ移動し、チケットは同トラベルセンターで購入可能。

  • 運行:04:20~22:05の20〜60分間隔、終点まで40~75分。
  • 運賃:1人£6.1。

 

3. タクシー

https://www.instagram.com/p/sNQwnznmqx/

赤い二階建てバスと並び、ロンドン名物の一つの黒タクシーも交通手段の1つ。乗り方は日本と同じで、タクシー乗り場で、行き先を告げるだけです。

  • 乗り場:各ターミナルの到着ロビーを出たところ。
  • 値段:55〜70ポンド
  • 時間:60〜75分(渋滞次第)

 

4.  UBER(ウーバー)

f:id:worldtraveling:20170723164059j:plain

UBER」(ウーバー)とは、今、欧米で人気急上昇中の、アプリを使った配車サービス。その一番の魅力は、値段が通常のタクシーより安いこと。アプリを事前にダウンロードして、空港で呼ぶだけで近くにいるUBERが迎えに来てくれます。

通常、私は地下鉄を使いますが、荷物が多い場合はUBERを利用します。

  • 乗り場:各ターミナルの到着ロビーを出たところの一般車の送迎乗り場。
  • 値段:34〜48ポンド
  • 時間:60〜75分(渋滞次第)

アプリのダウンロードはこちら。 

AppStoreで入手  Google Play で手に入れよう

5. ヒスロー・エクスプレス

f:id:worldtraveling:20170723171019j:plain

ターミナル5始発駅及びヒースローセントラル駅とパディントン駅を結ぶ直通電車。この電車は15分と早いのですが、問題はパディントン駅という、ロンドンの外れの駅にしか行きません。そのため、パディントン駅から再び地下鉄、バス、タクシーなどに乗り換えないとなりません。

 

  • 乗り方:ターミナル1、3は地下、ターミナル5はAに乗り場がある。ターミナル4からはシャトルトレインで移動する。チケットは自動券売機で購入。車内でも買えるが割高。
  • 運行:05:12~23:48(日曜06:23~23:53)の15~60分間隔、終点まで約15分。
  • 運賃:一人21.5ポンド

もし、パディントン駅から在来線に乗り換え、イギリスの地方に行くなら良いです。

そうでなければ、値段は正直、ボッタクリです。

6. ロンドン・バス

https://www.instagram.com/p/u8N4RLHmob/

夜間に限り、ロンドンの中心部からN9路線のバスが運行しています。深夜便や、早朝便などを利用の人には便利です。

  • 乗り方:ヒースロー空港のローカル・バスターミナルへ移動し、N9路線のバスに乗車。
  • 運行:00:00~5:40
  • 運賃:一人1.5ポンド

まとめ

f:id:worldtraveling:20170723173655p:plain

結論としては、荷物が少なく、お金がないなら、地下鉄。

お金がないけど、荷物が多いながら、UBERか高速バス。

お金があれば、タクシーという感じです。

 

質問があれば、遠慮なく聞いてください。

 

ロンドンに関しては、こちらの記事も書いています。

 

インスタに載せたい!現地人がオススメするロンドンの写真スポット

https://www.instagram.com/p/7a-JS2nmtR/

 せっかくロンドンに行くなら、「カッコ良い写真を撮りたい!」という人のためにロンドン在住の私がオススメのスポットをまとめました。

是非、インスタに載せてみてください!

 

ロンドン名物:赤い電話ボックス

https://www.instagram.com/p/2YDNy_nmq1/

  • 場所:Charing Cross Station前

実はここのスポットで撮った写真はIKEAで売られている電話ボックスの写真と同じ場所で撮影されています。場所はCharing Cross Station前です。

ロンドンの地下鉄マークと電話ボックスがセットで写る良いスポットですね。

場所はここです↓

https://www.instagram.com/p/BTAL6MlhC_2/

  • 場所:ビックベン前

セレクト・カラー・モードという色を抽出する設定で撮影。

https://www.instagram.com/p/yHExiEnmrm/

今度は、少しまた違う加工で。

https://www.instagram.com/p/uap5ctHmhz/

  • 場所:王立裁判所の裏

電話ボックスが4台、等間隔で並んでおり、良いスポットです。

 

セント・ポール大聖堂

https://www.instagram.com/p/BK8HDTKhPfy/

 One New Changeというショッピングセンターから撮ったセント・ポール大聖堂

場所はここ!

 

バッキンガム宮殿

f:id:worldtraveling:20170525052222j:plain

イギリスのエリザベス2世のお家です。ビックベンから近いので、一緒にまとめて周るのがオススメです。

ロンドン地下鉄

https://www.instagram.com/p/BKqeKPrBtnn/

 ロンドンの地下鉄は赤が青が基調のオシャレなデザインが私は大好きです。夜には看板が光るので、一眼をお持ちの方はセレクト・カラー・モードで赤を抽出して撮影するのも面白いと思います。

https://www.instagram.com/p/BTCuzgoh2H1/

  • 場所:Bank 駅の入り口
  • 英語表記:Bank Station

https://www.instagram.com/p/BUiC345BHA2/

  •  場所:キングズ・クロス駅の改札
  • 英語表記:King's Cross Station

タワーブリッジ

f:id:worldtraveling:20170525052027j:plain

ロンドンの定番スポット、タワーブリッジ

f:id:worldtraveling:20170525052000j:plain

奥にタワーブリッジが見えるこの通りは、私がロンドンでお気に入りの写真スポットです。場所はタワーブリッジの西側、そしてテムズ川の南岸です。

場所はここ↓

 

https://www.instagram.com/p/BUuyRxUBBfl/

こちらは三脚と懐中電灯を用いて撮影。

ビックベン

https://www.instagram.com/p/u8N4RLHmob/

まずは、定番の赤いロンドン・バスとビックベン。

https://www.instagram.com/p/u28uxoHmka/

茂みの中からのビックベン。

  • 場所:エンバンクメント駅方面から撮影。

https://www.instagram.com/p/7udOgmnmoF/

f:id:worldtraveling:20170717172940j:plain

ここの公園はビックベンを眺めながら、ゆっくりできるので観光にもオススメです。

逆光が嫌な方は午前に行くべし。

https://www.instagram.com/p/7kJFWvHmt0/

もう一枚。

https://www.instagram.com/p/saeb7RHmoN/

ロンドン・アイ

 

f:id:worldtraveling:20170717170502j:plain

「ロンドン・アイ」とはビック・ベンの向かいにある世界一の観覧車のことです。

f:id:worldtraveling:20170717174256j:plain

観覧車内部からの一枚。

f:id:worldtraveling:20170717174258j:plain

https://www.instagram.com/p/BK6b8DcB-SV/

真横からの写真。

  • 場所:ロンドン・アイ
  • 英語表記:London Eye
  • 最寄駅:Westminster 駅

   

ロンドン・タクシー

https://www.instagram.com/p/sPIFM7HmrN/

ロンドンバスと並んで有名なのがロンドンのタクシーです。その形は百年間も変わらない伝統的なタクシーで、ロンドンの街並みに溶け込んでいます。

https://www.instagram.com/p/sNQwnznmqx/

https://www.instagram.com/p/uZTjf4Hmi6/

ここは映画ハリーポッターで、キングズ・クロス駅として登場した場所です。

 

ハリーポッターのロケ地についてはこちらをどうぞ。

https://www.instagram.com/p/ulG4bfHmng/

  • 場所:セブン・ダイル(Seven Dials)

ストリート

https://www.instagram.com/p/7mgk7enmkg/

  • 場所:コベントガーデン(Covent Garden)

https://www.instagram.com/p/BK9KpoGhgq7/

  • 場所:ウォータルー駅周辺、リーク・ストリート。

https://www.instagram.com/p/7cYLvaHmtj/

  • 場所:キャムデン・タウン(Camden Town

https://www.instagram.com/p/7Z-MBHnmtZ/

  • 場所:テート・モダン(Tate Modern

https://www.instagram.com/p/4gWmrKnmg2/

 

https://www.instagram.com/p/uHelJNHmqh/

 以上、ロンドンのオススメ写真スポットでした。

もっと写真スポットを知りたい方は、私のインスタグラムをどうぞ。

www.instagram.com

 

 ロンドンに関しては、こちらの記事も書いています。

worldtraveling.hatenablog.com

   

【移動情報】デリーからアグラへ。タージマハルへの行き方

f:id:worldtraveling:20170714104021j:plain

インドに行ったら、絶対見に行きたいのがタージ・マハル。

日本からは一般的に、デリーへ航路で入国し、そこから電車でタージ・マハルのあるアグラ移動するのが時間的にもベストな行き方。

この記事では意外に難しい、デリ↔︎アグラの切符の買い方を解説します。

切符の買い方

f:id:worldtraveling:20161113091858j:plain

 インドの鉄道の予約は、当日、もしくは1、2日前に買うので十分です。大きな駅に行けば、買い方さえ知っていれば簡単に、そして安く買えます。

しかし、私が初めて「デリー〜アグラ」の切符を買った際には大変苦労したので、失敗しないよう、買い方を詳しく解説します。

 

その1 外国人専用窓口で買う

f:id:worldtraveling:20161113084601j:plain

外国人専用窓口は、インド政府が主要都市の駅舎に設置した外国人専用の窓口のことです。もちろんデリーにも、アグラにもあります。しかも、外国人専用窓口は全て24時間営業です。

中に入り、窓口の人にアグラに何時頃に着きたいかを伝えるだけで全部手配してくれます。また、ここで予約すると自動的にエアコンのあるAC車になリマす。

デリー〜アグラの電車はエアコン車両で650ルピー(約1000円)ほどでした。

 

その2 外国人専用窓口が見つけにくくても諦めるな!

f:id:worldtraveling:20161113084610j:plain

この外国人専用窓口は非常に便利なのですが、案内表示も少なく場所が見つけにくいのです。

デリー駅には地下鉄とつながっているメインの東駅舎ではなく、西川の駅舎の二階の奥にあります。

アグラ駅では、東側入り口から建物に入ると右手に階段があり、international touristという看板が掛かっていました。

 

その3 悪徳業者に気を付けろ!

f:id:worldtraveling:20161113091103j:plain

デリの中心部の繁華街や駅の周辺では、外国人観光客を見ると声をかけてくる人々がいますが、彼らには要注意です。ほぼ100%の確率で悪質なツアー会社に連れて行かれ、高額なツアーに申し込む羽目になります。

特に、デリーのコンコード・プレイス周辺で鉄道切符を販売しているなどと言ってくる人が多いので、基本無視しましょう

 

その4 駅周辺ではさらに要注意!

駅周辺で一般人に「切符の窓口」や「外国人専用窓口」はどこか?と尋ねるのはオススメしません。

私の場合、ニューデリー駅周辺で「外国人専用窓口はどこですか?」と尋ねると皆、「今日は閉まってる」、「ここには無い」と嘘を言ってきました。そして、その代わりに別の場所を知ってると言い、そこに連れて行こうとしてきて、非常に困惑した記憶があります。

私は、彼らの主張を信じかけてしまいそうでした。

基本的に、一般人ではなく、駅員に聞きましょう。

 

後から分かったのですが、「外国人専用窓口は閉まっている」というのはよく使われる手口らしく、外国人専用窓口の入り口には、「窓口は閉まっている」と嘘をつくキャッチに注意しろという看板がありました。

f:id:worldtraveling:20161113084606j:plain

まとめ

f:id:worldtraveling:20161113091047j:plain

いろいろ長く書きましたが、完結に言うと「絶対に外国人窓口で買いましょう」だけです。

しかし、これがインドの喧騒の中では、意外に至難なので、私のように、誰が真実を言っているのかわからず、駅で混乱して時間を潰さないためにも、「絶対に外国人窓口で買いましょう」

たとえ、「今日は電車が運休だ」と言われても、

「窓口は今日、閉まっている」と言われても、

「窓口は外国人料金で高い」と言われても、

絶対に外国人窓口で買いましょう。

 

 

イランに行ってしまった人がアメリカのビザを申請する方法

https://www.instagram.com/p/BTNx_1lBai_/

イランに行く人が要注意なのが、アメリカへの渡航

オバマ政権下の2016年1月からイラク、シリア、イランへ渡航歴がある人はビザ免除対象外になることが発表されました。

対象者は以下。

  • 日本を含むビザ免除プログラム参加国の国籍で2011年3月1日以降にイラン、イラクスーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある者
    (公務、人道支援、報道等の目的による渡航に対しては個別に審査された後に免除される可能性があります)

 

私は2016年3月にイランを旅し、ビザ免除プログラムの対象外になったので、翌年の2017年4月にアメリカへ行った際に必要となった手続きをまとめてみました。

イランに渡航すると何が問題?

f:id:worldtraveling:20170604063729p:plain f:id:worldtraveling:20170604063801p:plain

イランに渡航すると、将来的に渡米する場合に一般の日本人に適用されるビザ免除が対象外になってしまいます。

このビザ免除とは、アメリカが良好な関係にある30あまりの国と結んだ協定で、日本人がアメリカを訪れる場合はアメリカ・ビザの申請を不要とするものです。そのため日本人はアメリカの入国審査でパスポートを提示すれば簡単に入国できます。

 

B1 / B2 ビザ申請

しかし、イランに渡航歴のある人はこのビザ免除が適用外になるため、事前に米国大使館でのビザ申請の必要があります。

ビザ申請と聞くと、大変なイメージがありますが、この米国のビザ申請はビザ免除協定がある日本など極一部の国以外の人は、皆行わないといけないもので、それほど面倒でもありません。

私は観光目的だったのでB1ビザを申請しました。

 

ビザ申請手順 

1.  オンラインでフォーム入力

事前に米国ビザセンターのホームページでDS-160という、ビザ申請用のフォームを入力します。

 

入力方法などを開設したビデオもあり、かなり分かりやすかったです。

ホームページはこちら 米国ビザ申請 | ホーム - 日本 (日本語)

 

2. 面接日の予約

フォームの入力が全部終わると、最後に面接の日を指定し、ビザ代金を支払います。

私は6日後に面接を予約できました。

ちなみに、ビザ代金は160ドル(約1万8000円) とかなり高いですが、10年間有効です。

3. 書類を印刷して持参

DS-160や予約証明書、ビザ代支払い証明書などの必要書類を印刷して持って行きます。

それ以外にも、口座の残高証明書、大学の在籍証明書など必要かもしれない書類を持参したのですが、 結局必要ありませんでした。

4. 大使館で面接

大使館にはリュックなどの持ち込みが禁止だったので、必要書類の入ったクリアファイルだけを持って行きました。

私は朝の9時に予約していたので、8時30分頃に到着し、厳重なセキュリティを通り、待合室で待機。

自分の番号が呼ばれると、窓口に行き、必要書類を確認され、奥の面接ブースに通されます。

面接はガラス越しに面接官がおり、自分は立った状態で面接します。

質問内容は主に

  • アメリカへの渡航目的は何か
  • 何でイランに行ったか
  • 職業は何か
  • 米国への渡航歴はあるか

面接は3分ほどで終わりました。

あっさりすぎて拍子抜けしてしまいました。

 

5. 後日パスポートを郵送で受け取り

大使館を訪れた1週間後に家まで郵送で届きました。

 

7. 渡米前のESTA申請は不要

本来ならば、日本人ならば米国行くの航空機に搭乗前にESTAの申請が必要ですが、ビザで渡航する場合はESTAは必要ありません。(ESTAはビザ免除渡航者のための制度だからです)

 

 

イランへの渡航に関していろいろと記事を書いたので参考までにどうぞ。

  

 

ロンドンのハリーポッターのロケ地に行ってみた!<全10カ所>

f:id:worldtraveling:20161202084638j:plain

ロンドンに住み始めて、巡ったハリーポッターのロケ地は一挙に紹介します。ロケ地でなくても、ハリーポッターに出てきそうな建物も一緒に紹介したいと思います。

キングズ・クロス駅

f:id:worldtraveling:20170526063329j:plain

この建物はハリーポッターの映画の中でキングズ・クロス駅として紹介されていますが、実はこの駅はSt. Pancras駅で、キングズ・クロス駅のすぐ隣に位置する駅なのです。この駅はロンドンとパリを結ぶユーロスターの発着駅でもあります。

f:id:worldtraveling:20170526063349j:plain

9と3/4番線はキングズ・クロス駅の内部の壁にあります。ここは改札を入る手前の場所なので、誰でも記念撮影を取れます。杖とマフラーはその場で無料で貸し出しています。

隣にはハリーポッターのグッズ・ショップがありお土産も買えます。

ミレニアム橋

f:id:worldtraveling:20170526070244j:plain

6作目の映画「謎のプリンス」の冒頭で死喰い人らにより破壊される橋です。奥に見えるのがセント・ポール大聖堂で、橋の反対側にはテート・モダン(現代アート美術館)、シェイクスピアの劇専用のグローブ劇場もあり、観光スポットがたくさんあります。

f:id:worldtraveling:20170531065036j:plain

  • 英語名:Millenium Bridge 
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄St Paul's 駅下車徒歩5分

 

グリンゴッツ銀行

f:id:worldtraveling:20170531072730j:plain

内部もモデルとなったらしいのですが、現役大使館のため一般公開はされていません。

  • 英語名:High Comission of Australia
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄Temple 駅下車徒歩5分

レイドン・ホール・マーケット(ダイアゴン横丁)

f:id:worldtraveling:20170531073300j:plainハリーポッターと賢者の石」、「ハリーポッターと秘密の部屋」で登場するダイアゴン横丁のモデルとなった場所です。

  • 英語名:Leadenhall Market
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄 Bank 駅下車徒歩8分

 

魔法省入り口

f:id:worldtraveling:20170531065538j:plain

5作目の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」で魔法省に降りていく、赤の電話ボックスがあった場所です。映画で使われた電話ボックスは映画のために設置されたもので現在はありませんが、通りは映画の雰囲気を感じます。

  • 英語名:Scotland Yard
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄Trafalgar 駅下車徒歩4分

ウェストミンスター

f:id:worldtraveling:20170526070243j:plain

5作目の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」で、魔法省に向かう際に、ウィーズリーおじさんと一緒に降りた駅です。駅構内には映画に登場した、ウィズリーおじさんが使い方が分からなかった改札があります。

  • 英語名:Westminster Station
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄Westminster駅下車

Claremont Square (ブラック邸&不死鳥の騎士団本部の外観)

f:id:worldtraveling:20170526063409j:plain

ハリーポッター・シリーズ5巻目で不死鳥の騎士団の本部として使われた建物です。この建物が動いて、本部が登場します。

  • 英語名:Claremont Square
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄Angel駅下車徒歩6分

 

バラ・マーケット(漏れ鍋の外観)

f:id:worldtraveling:20170526064329j:plain

ハリーポッターと賢者の石、アズカバンの囚人などで登場する漏れ鍋の外のロケ地です。このバラ・マーケットの脇を通る道路には、アズカバンの囚人で登場するナイト・バスのバス停もあります。

f:id:worldtraveling:20170526070247j:plain

ちなみに、マーケットの隣にあるこの店の場所が漏れ鍋の入り口として使われた場所です。

  • 英語名:Borough Market
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄London Bridge 駅下車徒歩1分

番外編

ロケ地ではないけど、ハリーポッタに出てきそうなところを紹介します。

王立裁判所

f:id:worldtraveling:20170526063530j:plain

ホグワーツの雰囲気が漂う建物が王立裁判所です。この建物はグリンゴッツのモデルとなったオーストラリア大使館から歩いて3分ほどの距離にあります。

f:id:worldtraveling:20170526063501j:plain

  • 英語名:Royal Court of Justice
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄 Temple 駅下車徒歩8分 

王立裁判所裏のチャペル

f:id:worldtraveling:20170526063549j:plain

ハリーポッターと秘密の部屋に登場してきそうな場所です。王立裁判所の敷地内ですが、誰でも自由に立ち入ることができる、知る人ぞ知るスポットです。

 

 

 

 

バックパッカーの持ち物リスト《世界一周経験者のススメ》

f:id:worldtraveling:20170516034912j:plain

 世界40ヵ国あまりを旅して感じた、便利だった持ち物リストをまとめてみました。旅のスパンやどれくらい貧しい旅をするかで必要な物も違ってきますが、一度揃えてしまえば繰り返し使える物も多いので、初めてのバックパックの旅に出る方は買い揃えておくのも良いかもしれません。

 

 

1

シークレットウェストポーチ

f:id:worldtraveling:20170330205327j:plain

これは貴重品を守る必須アイテム。シークレットウェストポーチはその名の通り、服の下に身につけて、他人からは見えない点が特徴。財布には現金を1日に使う分だけ入れ、このポーチにパスポートとクレジットカード、そして現金入れておけば財布が盗まれた場合も大丈夫な安全対策グッズ。また、私はドミトリーに毎晩宿泊していたので寝るときも貴重品の安全対策として身につけていました。

シークレット・ウェストポーチ

 

 

2

南京錠

f:id:worldtraveling:20170515045949j:plain

これも貴重品を守るためには必須アイテム。荷物を宿や駅に預けるときにはバックパックのファスナーに南京錠をかけておくのはもちろん、安宿ではロッカーに鍵が無い場合、もしくは鍵が有料の場合は多いので自分の鍵を持っていると安心です。

南京錠

 

 

 

 

3

アーミー・ナイフ

f:id:worldtraveling:20170515045836j:plain

あると超便利なもの。よく使う金具はハサミ、缶詰め開け、ビールを飲む時に栓抜き、コーク・スクリュー、パンなどを切るナイフの5つ。バックパック旅行では自炊が多く、全部が1つまとまっているスイス・ナイフがあればコンパクトに旅行ができます。

アーミーナイフ 

 

 

  

4

速乾タオル

 

f:id:worldtraveling:20170331002520j:plain

水泳選手がよく持っているすぐに乾くタオル。普通のタオルは一晩ではなかなか乾きませんし、厚手のバスタオルを数枚もっていくよりは、速乾タオルを一枚持っていく方が良い。軽量でかさばらず、洗っても干せば一晩で乾かすことができる。特に備え付けのタオルが無いゲストハウスに泊まる場合はマストアイテム。

速乾タオル

 

 

 

 

全世界対応コンセントプラグ

f:id:worldtraveling:20170331004234p:plain

2つのパーツを組み合わせることで世界中のコンセントタイプに適応するプラグ。世界にはA, B, C型の3種類のコンセントの種類があります。またインドなど一部の国では、国内でもB型とC型などと異なるので全世界対応版をもていれば安心できます。

全世界対応コンセントプラグ

 

 

 

 

寝袋

f:id:worldtraveling:20170515214820j:plain

多くの安い宿は設備が不十分なので、野宿する予定が無い人でもあると良いのが寝袋。寒すぎる時や、宿の衛生状態が怪しい時は寝袋を使うことでダニ噛まれる心配を解消できます。私は頻繁に、寒すぎるアジアの夜行バスで毛布代わりに使っていました。

寝袋

 

 

 

 

 

ポカリスウェットの粉

f:id:worldtraveling:20170331010031j:plain

インドにはポカリスエットのような飲み物が売られていません。お腹を壊してしまったときのために、ポカリスエットの粉を2〜3袋持っていくと良いと思います。私の経験上、食中毒などで脱水症状がひどい場合はポカリルウェットが威力を発揮します。また、インドなど、お腹がやられそうな国に行く場合はビオフェルミンを持っていくことをオススメします。

ポカリスウェットの粉

Yシャツ

f:id:worldtraveling:20170331005000j:plain

私がインドやイランに行って驚いたのは、こんなに暑い国なのに男性陣たちは皆、Yシャツを着ていることです!私も、一枚だけ、使い古したYシャツを一枚持っていたので、現地人を真似ようと着てみるとYシャツの機能性に納得しました。

  • Yシャツは襟や長袖が日焼け止めの効果になる
  • エアコンが強すぎる室内では冷風から肌を守ってくれる
  • 直射日光が強いと、Tシャツより、タンクトップにYシャツの方が日光を遮り逆に涼しい。

機能性が抜群なので、南アジアや中東などに行く方は、日本では着ないような、古い、薄いYシャツを持っていくのをオススメします。

f:id:worldtraveling:20161116063045j:plain

 

 

 

 

 

9

耳栓・アイマスク・ネックピロー

f:id:worldtraveling:20170515215141j:plain

飛行機の中や、バスでの移動などの時にあると便利なアイテム。また、ドミトリーなどに泊まる場合は、耳栓とアイマスクがあると快眠の手助けになります。

耳栓・アイマスク・ネックピロー

 

 

 

10

海外電圧対応ドライヤー

 

f:id:worldtraveling:20170515215738j:plain

髪の毛が短い男性陣はいりませんが、長い男性や女性の方々は海外電圧対応のドライヤーがあると便利です。大きさも小さく、コンパクトなため持ち運びも楽でした。

海外電圧対応ドライヤー

11

圧縮袋

f:id:worldtraveling:20170515215806j:plain

圧縮袋はバックパックに多くの者を入れるためだけでなく、バックパックの中の整理整頓のためにもあると便利なアイテムです。大きいバックパックの場合、圧縮袋を使いすぎて、ものを入れ過ぎてしまうこともあるのでそこは要注意。

圧縮袋 

 

12

ガイドブック

 

f:id:worldtraveling:20170515215912j:plain

 ガイドブックは旅行には持っていくべき必須アイテムですが、世界一周や長期旅行の場合、行く先々すべての国のガイドブックを紙媒体で持っていけないので、電子書籍でまとめて持っていくのが軽くて効率的。

その他、あると便利な持ち物リスト

  

 

いざ、国連へ!国連本部ツアーに参加する方法

f:id:worldtraveling:20170506055418j:plain

  国連ツアーに参加する方法

国連本部はニューヨークの中心部、マンハッタン島にあり、ニューヨーク屈指の観光スポット。誰でも中を見学することはできますが、ツアーに参加することが必須。ツアーは1時間ほどで、お土産屋さんも中にありいろいろと楽しめます。私の経験から言って、少し手続きが面倒くさかったのので簡単に説明します。

 f:id:worldtraveling:20170506060230p:plain

1. オンラインで事前予約

当日、その場でツアーを参加することもできるそうですが、空きが少ないので事前に予約していくのがベスト。

日本語ツアーも1日1回ほどの頻度で行われています。

  • 大人 22ドル
  • シニア 15ドル
  • 学生 15ドル
  • 子供 13ドル

リンクはこちら↓↓↓

Tickets | United Nations Visitor Centre

2. パスポートと予約確認書を持参

f:id:worldtraveling:20170506074811p:plainf:id:worldtraveling:20170506074819p:plain

国連本部はアメリカにありながらも、法律上は「国際領域」なので、入場にはパスポートが必要になります。パスポートと一緒に印刷した予約確認書を持参しましょう。

3. 向かい側の建物でチェックイン

まず、最初に、国連本部から道路を挟んだ向かいにある建物でチェックインを済ませます。ここではグループの代表者1名のみが建物に入り手続きを済ませ、他の人は外で待機です。このプロセスのためか、ツアーの開始1時間前には到着するようにとチケットに書いてありました。

 

4. セキュリティー通過

f:id:worldtraveling:20170506210208j:plain

チェックインを済ませた後は、道路を渡り、セキュリティーを通過して、国連へ。

意外にも、セキュリティーはそこまで厳しくありませんでした。

f:id:worldtraveling:20170507091825j:plain

入ると目の前に現れたのは、一度は見たことある「銃口が曲がったオブジェ」。戦争反対や銃社会反対のメッセージらしいのですが、皮肉なことに、国連があるアメリカが世界最大の銃社会で、銃生産国なんですよね。

5. ツアーのチェックイン

建物の中に入れば、あとは奥のツアーデスクの前で待つだけです。しかし、ここで注意なのが、このデスクでツアー参加者であることを証明するシールをもらわないといけないことです。私はこれに気付かずに、ツアー開始直前に急いでもらいました。 

6. ツアー開始

f:id:worldtraveling:20170506055314j:plain予定のツアー時間になればアナウンスが入るので、奥の扉の前に集合するだけです。私は英語ツアーに参加しましたが、ガイドさんはブラジル人でした。 

f:id:worldtraveling:20170506055258j:plain

一番最初に通されたのが、安全保障理事会の議場。ここがよくテレビで視る、ロシアと中国が拒否権を発動している議場なんだなと、感動しましたね。安保理の議場は相当な威厳を感じました。

f:id:worldtraveling:20170506055331j:plain

次に通されたのが第6委員会。

 

f:id:worldtraveling:20170506055346j:plain

次は経済社会理事会、通称第二委員会。主に、経済問題を話しあう議場です。

f:id:worldtraveling:20170506054823j:plain

議場の外の廊下は、戦争反対などの絵画や、展示が多くあり、国連の組織としての目的を改めて感じましたね。けど、同時に、いつまでも戦争が止まず、安保理の機能不全などの問題も痛感しますね。さらに、核兵器撤廃の展示など、あまりにも理想主義に走りすぎている展示も多くあり、核の傘に守られている日本人としては、なかなか共感できませんでした。

f:id:worldtraveling:20170506055418j:plain

そして、最後に案内されたのが総会議場(General Assembly)。奥にある壇上が、世界中のリーダーがスピーチを行ってきた場所です。総会の議場に通されたものの、前の方に行くことはできず、後ろの方から見るだけです。JAPANの席に座れなかったことが少し残念でした。