TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

イランに行ってしまった人がアメリカのビザを申請する方法

https://www.instagram.com/p/BTNx_1lBai_/

イランに行く人が要注意なのが、アメリカへの渡航

オバマ政権下の2016年1月からイラク、シリア、イランへ渡航歴がある人はビザ免除対象外になることが発表されました。

対象者は以下。

  • 日本を含むビザ免除プログラム参加国の国籍で2011年3月1日以降にイラン、イラクスーダンまたはシリアに渡航または滞在したことがある者
    (公務、人道支援、報道等の目的による渡航に対しては個別に審査された後に免除される可能性があります)

 

私は2016年3月にイランを旅し、ビザ免除プログラムの対象外になったので、翌年の2017年4月にアメリカへ行った際に必要となった手続きをまとめてみました。

イランに渡航すると何が問題?

f:id:worldtraveling:20170604063729p:plain f:id:worldtraveling:20170604063801p:plain

イランに渡航すると、将来的に渡米する場合に一般の日本人に適用されるビザ免除が対象外になってしまいます。

このビザ免除とは、アメリカが良好な関係にある30あまりの国と結んだ協定で、日本人がアメリカを訪れる場合はアメリカ・ビザの申請を不要とするものです。そのため日本人はアメリカの入国審査でパスポートを提示すれば簡単に入国できます。

 

B1 / B2 ビザ申請

しかし、イランに渡航歴のある人はこのビザ免除が適用外になるため、事前に米国大使館でのビザ申請の必要があります。

ビザ申請と聞くと、大変なイメージがありますが、この米国のビザ申請はビザ免除協定がある日本など極一部の国以外の人は、皆行わないといけないもので、それほど面倒でもありません。

私は観光目的だったのでB1ビザを申請しました。

ビザ申請手順 

1.  オンラインでフォーム入力

事前に米国ビザセンターのホームページでDS-160という、ビザ申請用のフォームを入力します。

 

入力方法などを開設したビデオもあり、かなり分かりやすかったです。

ホームページはこちら 米国ビザ申請 | ホーム - 日本 (日本語)

 

2. 面接日の予約

フォームの入力が全部終わると、最後に面接の日を指定し、ビザ代金を支払います。

私は6日後に面接を予約できました。

ちなみに、ビザ代金は160ドル(約1万8000円) とかなり高いですが、10年間有効です。

3. 書類を印刷して持参

DS-160や予約証明書、ビザ代支払い証明書などの必要書類を印刷して持って行きます。

それ以外にも、口座の残高証明書、大学の在籍証明書など必要かもしれない書類を持参したのですが、 結局必要ありませんでした。

4. 大使館で面接

大使館にはリュックなどの持ち込みが禁止だったので、必要書類の入ったクリアファイルだけを持って行きました。

私は朝の9時に予約していたので、8時30分頃に到着し、厳重なセキュリティを通り、待合室で待機。

自分の番号が呼ばれると、窓口に行き、必要書類を確認され、奥の面接ブースに通されます。

面接はガラス越しに面接官がおり、自分は立った状態で面接します。

質問内容は主に

  • アメリカへの渡航目的は何か
  • 何でイランに行ったか
  • 職業は何か
  • 米国への渡航歴はあるか

面接は3分ほどで終わりました。

あっさりすぎて拍子抜けしてしまいました。

 

5. 後日パスポートを郵送で受け取り

大使館を訪れた1週間後に家まで郵送で届きました。

 

7. 渡米前のESTA申請は不要

本来ならば、日本人ならば米国行くの航空機に搭乗前にESTAの申請が必要ですが、ビザで渡航する場合はESTAは必要ありません。(ESTAはビザ免除渡航者のための制度だからです)

 

 

イランへの渡航に関していろいろと記事を書いたので参考までにどうぞ。

  

ロンドンのハリーポッターのロケ地に行ってみた!<全10カ所>

f:id:worldtraveling:20161202084638j:plain

ロンドンに住み始めて、巡ったハリーポッターのロケ地は一挙に紹介します。ロケ地でなくても、ハリーポッターに出てきそうな建物も一緒に紹介したいと思います。

キングズ・クロス駅

f:id:worldtraveling:20170526063329j:plain

この建物はハリーポッターの映画の中でキングズ・クロス駅として紹介されていますが、実はこの駅はSt. Pancras駅で、キングズ・クロス駅のすぐ隣に位置する駅なのです。この駅はロンドンとパリを結ぶユーロスターの発着駅でもあります。

f:id:worldtraveling:20170526063349j:plain

9と3/4番線はキングズ・クロス駅の内部の壁にあります。ここは改札を入る手前の場所なので、誰でも記念撮影を取れます。杖とマフラーはその場で無料で貸し出しています。

隣にはハリーポッターのグッズ・ショップがありお土産も買えます。

ミレニアム橋

f:id:worldtraveling:20170526070244j:plain

6作目の映画「謎のプリンス」の冒頭で死喰い人らにより破壊される橋です。奥に見えるのがセント・ポール大聖堂で、橋の反対側にはテート・モダン(現代アート美術館)、シェイクスピアの劇専用のグローブ劇場もあり、観光スポットがたくさんあります。

f:id:worldtraveling:20170531065036j:plain

  • 英語名:Millenium Bridge 
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄St Paul's 駅下車徒歩5分

 

グリンゴッツ銀行

f:id:worldtraveling:20170531072730j:plain

内部もモデルとなったらしいのですが、現役大使館のため一般公開はされていません。

  • 英語名:High Comission of Australia
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄Temple 駅下車徒歩5分

レイドン・ホール・マーケット(ダイアゴン横丁)

f:id:worldtraveling:20170531073300j:plainハリーポッターと賢者の石」、「ハリーポッターと秘密の部屋」で登場するダイアゴン横丁のモデルとなった場所です。

  • 英語名:Leadenhall Market
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄 Bank 駅下車徒歩8分

 

魔法省入り口

f:id:worldtraveling:20170531065538j:plain

5作目の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」で魔法省に降りていく、赤の電話ボックスがあった場所です。映画で使われた電話ボックスは映画のために設置されたもので現在はありませんが、通りは映画の雰囲気を感じます。

  • 英語名:Scotland Yard
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄Trafalgar 駅下車徒歩4分

ウェストミンスター

f:id:worldtraveling:20170526070243j:plain

5作目の「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」で、魔法省に向かう際に、ウィーズリーおじさんと一緒に降りた駅です。駅構内には映画に登場した、ウィズリーおじさんが使い方が分からなかった改札があります。

  • 英語名:Westminster Station
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄Westminster駅下車

Claremont Square (ブラック邸&不死鳥の騎士団本部の外観)

f:id:worldtraveling:20170526063409j:plain

ハリーポッター・シリーズ5巻目で不死鳥の騎士団の本部として使われた建物です。この建物が動いて、本部が登場します。

  • 英語名:Claremont Square
  • 場所:Google Maps
  • アクセス:地下鉄Angel駅下車徒歩6分

 

バラ・マーケット(漏れ鍋の外観)

f:id:worldtraveling:20170526064329j:plain

ハリーポッターと賢者の石、アズカバンの囚人などで登場する漏れ鍋の外のロケ地です。このバラ・マーケットの脇を通る道路には、アズカバンの囚人で登場するナイト・バスのバス停もあります。

f:id:worldtraveling:20170526070247j:plain

ちなみに、マーケットの隣にあるこの店の場所が漏れ鍋の入り口として使われた場所です。

  • 英語名:Borough Market
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄London Bridge 駅下車徒歩1分

番外編

ロケ地ではないけど、ハリーポッタに出てきそうなところを紹介します。

王立裁判所

f:id:worldtraveling:20170526063530j:plain

ホグワーツの雰囲気が漂う建物が王立裁判所です。この建物はグリンゴッツのモデルとなったオーストラリア大使館から歩いて3分ほどの距離にあります。

f:id:worldtraveling:20170526063501j:plain

  • 英語名:Royal Court of Justice
  • 場所: Google Maps
  • アクセス:地下鉄 Temple 駅下車徒歩8分 

王立裁判所裏のチャペル

f:id:worldtraveling:20170526063549j:plain

ハリーポッターと秘密の部屋に登場してきそうな場所です。王立裁判所の敷地内ですが、誰でも自由に立ち入ることができる、知る人ぞ知るスポットです。

 

 

 

 

バックパッカーの持ち物リスト《世界一周経験者のススメ》

f:id:worldtraveling:20170516034912j:plain

 世界40ヵ国あまりを旅して感じた、便利だった持ち物リストをまとめてみました。旅のスパンやどれくらい貧しい旅をするかで必要な物も違ってきますが、一度揃えてしまえば繰り返し使える物も多いので、初めてのバックパックの旅に出る方は買い揃えておくのも良いかもしれません。

 

 

1

シークレットウェストポーチ

f:id:worldtraveling:20170330205327j:plain

これは貴重品を守る必須アイテム。シークレットウェストポーチはその名の通り、服の下に身につけて、他人からは見えない点が特徴。財布には現金を1日に使う分だけ入れ、このポーチにパスポートとクレジットカード、そして現金入れておけば財布が盗まれた場合も大丈夫な安全対策グッズ。また、私はドミトリーに毎晩宿泊していたので寝るときも貴重品の安全対策として身につけていました。

シークレット・ウェストポーチ

 

 

2

南京錠

f:id:worldtraveling:20170515045949j:plain

これも貴重品を守るためには必須アイテム。荷物を宿や駅に預けるときにはバックパックのファスナーに南京錠をかけておくのはもちろん、安宿ではロッカーに鍵が無い場合、もしくは鍵が有料の場合は多いので自分の鍵を持っていると安心です。

南京錠

 

 

 

 

3

アーミー・ナイフ

f:id:worldtraveling:20170515045836j:plain

あると超便利なもの。よく使う金具はハサミ、缶詰め開け、ビールを飲む時に栓抜き、コーク・スクリュー、パンなどを切るナイフの5つ。バックパック旅行では自炊が多く、全部が1つまとまっているスイス・ナイフがあればコンパクトに旅行ができます。

アーミーナイフ 

 

 

  

4

速乾タオル

 

f:id:worldtraveling:20170331002520j:plain

水泳選手がよく持っているすぐに乾くタオル。普通のタオルは一晩ではなかなか乾きませんし、厚手のバスタオルを数枚もっていくよりは、速乾タオルを一枚持っていく方が良い。軽量でかさばらず、洗っても干せば一晩で乾かすことができる。特に備え付けのタオルが無いゲストハウスに泊まる場合はマストアイテム。

速乾タオル

 

 

 

 

全世界対応コンセントプラグ

f:id:worldtraveling:20170331004234p:plain

2つのパーツを組み合わせることで世界中のコンセントタイプに適応するプラグ。世界にはA, B, C型の3種類のコンセントの種類があります。またインドなど一部の国では、国内でもB型とC型などと異なるので全世界対応版をもていれば安心できます。

全世界対応コンセントプラグ

 

 

 

 

寝袋

f:id:worldtraveling:20170515214820j:plain

多くの安い宿は設備が不十分なので、野宿する予定が無い人でもあると良いのが寝袋。寒すぎる時や、宿の衛生状態が怪しい時は寝袋を使うことでダニ噛まれる心配を解消できます。私は頻繁に、寒すぎるアジアの夜行バスで毛布代わりに使っていました。

寝袋

 

 

 

 

 

ポカリスウェットの粉

f:id:worldtraveling:20170331010031j:plain

インドにはポカリスエットのような飲み物が売られていません。お腹を壊してしまったときのために、ポカリスエットの粉を2〜3袋持っていくと良いと思います。私の経験上、食中毒などで脱水症状がひどい場合はポカリルウェットが威力を発揮します。また、インドなど、お腹がやられそうな国に行く場合はビオフェルミンを持っていくことをオススメします。

ポカリスウェットの粉

Yシャツ

f:id:worldtraveling:20170331005000j:plain

私がインドやイランに行って驚いたのは、こんなに暑い国なのに男性陣たちは皆、Yシャツを着ていることです!私も、一枚だけ、使い古したYシャツを一枚持っていたので、現地人を真似ようと着てみるとYシャツの機能性に納得しました。

  • Yシャツは襟や長袖が日焼け止めの効果になる
  • エアコンが強すぎる室内では冷風から肌を守ってくれる
  • 直射日光が強いと、Tシャツより、タンクトップにYシャツの方が日光を遮り逆に涼しい。

機能性が抜群なので、南アジアや中東などに行く方は、日本では着ないような、古い、薄いYシャツを持っていくのをオススメします。

f:id:worldtraveling:20161116063045j:plain

 

 

 

 

 

9

耳栓・アイマスク・ネックピロー

f:id:worldtraveling:20170515215141j:plain

飛行機の中や、バスでの移動などの時にあると便利なアイテム。また、ドミトリーなどに泊まる場合は、耳栓とアイマスクがあると快眠の手助けになります。

耳栓・アイマスク・ネックピロー

 

 

 

10

海外電圧対応ドライヤー

 

f:id:worldtraveling:20170515215738j:plain

髪の毛が短い男性陣はいりませんが、長い男性や女性の方々は海外電圧対応のドライヤーがあると便利です。大きさも小さく、コンパクトなため持ち運びも楽でした。

海外電圧対応ドライヤー

11

圧縮袋

f:id:worldtraveling:20170515215806j:plain

圧縮袋はバックパックに多くの者を入れるためだけでなく、バックパックの中の整理整頓のためにもあると便利なアイテムです。大きいバックパックの場合、圧縮袋を使いすぎて、ものを入れ過ぎてしまうこともあるのでそこは要注意。

圧縮袋 

 

12

ガイドブック

 

f:id:worldtraveling:20170515215912j:plain

 ガイドブックは旅行には持っていくべき必須アイテムですが、世界一周や長期旅行の場合、行く先々すべての国のガイドブックを紙媒体で持っていけないので、電子書籍でまとめて持っていくのが軽くて効率的。

その他、あると便利な持ち物リスト

  

 

いざ、国連へ!国連本部ツアーに参加する方法

f:id:worldtraveling:20170506055418j:plain

  国連ツアーに参加する方法

国連本部はニューヨークの中心部、マンハッタン島にあり、ニューヨーク屈指の観光スポット。誰でも中を見学することはできますが、ツアーに参加することが必須。ツアーは1時間ほどで、お土産屋さんも中にありいろいろと楽しめます。私の経験から言って、少し手続きが面倒くさかったのので簡単に説明します。

 f:id:worldtraveling:20170506060230p:plain

1. オンラインで事前予約

当日、その場でツアーを参加することもできるそうですが、空きが少ないので事前に予約していくのがベスト。

日本語ツアーも1日1回ほどの頻度で行われています。

  • 大人 22ドル
  • シニア 15ドル
  • 学生 15ドル
  • 子供 13ドル

リンクはこちら↓↓↓

Tickets | United Nations Visitor Centre

2. パスポートと予約確認書を持参

f:id:worldtraveling:20170506074811p:plainf:id:worldtraveling:20170506074819p:plain

国連本部はアメリカにありながらも、法律上は「国際領域」なので、入場にはパスポートが必要になります。パスポートと一緒に印刷した予約確認書を持参しましょう。

3. 向かい側の建物でチェックイン

まず、最初に、国連本部から道路を挟んだ向かいにある建物でチェックインを済ませます。ここではグループの代表者1名のみが建物に入り手続きを済ませ、他の人は外で待機です。このプロセスのためか、ツアーの開始1時間前には到着するようにとチケットに書いてありました。

 

4. セキュリティー通過

f:id:worldtraveling:20170506210208j:plain

チェックインを済ませた後は、道路を渡り、セキュリティーを通過して、国連へ。

意外にも、セキュリティーはそこまで厳しくありませんでした。

f:id:worldtraveling:20170507091825j:plain

入ると目の前に現れたのは、一度は見たことある「銃口が曲がったオブジェ」。戦争反対や銃社会反対のメッセージらしいのですが、皮肉なことに、国連があるアメリカが世界最大の銃社会で、銃生産国なんですよね。

5. ツアーのチェックイン

建物の中に入れば、あとは奥のツアーデスクの前で待つだけです。しかし、ここで注意なのが、このデスクでツアー参加者であることを証明するシールをもらわないといけないことです。私はこれに気付かずに、ツアー開始直前に急いでもらいました。 

6. ツアー開始

f:id:worldtraveling:20170506055314j:plain予定のツアー時間になればアナウンスが入るので、奥の扉の前に集合するだけです。私は英語ツアーに参加しましたが、ガイドさんはブラジル人でした。 

f:id:worldtraveling:20170506055258j:plain

一番最初に通されたのが、安全保障理事会の議場。ここがよくテレビで視る、ロシアと中国が拒否権を発動している議場なんだなと、感動しましたね。安保理の議場は相当な威厳を感じました。

f:id:worldtraveling:20170506055331j:plain

次に通されたのが第6委員会。

 

f:id:worldtraveling:20170506055346j:plain

次は経済社会理事会、通称第二委員会。主に、経済問題を話しあう議場です。

f:id:worldtraveling:20170506054823j:plain

議場の外の廊下は、戦争反対などの絵画や、展示が多くあり、国連の組織としての目的を改めて感じましたね。けど、同時に、いつまでも戦争が止まず、機能不全などの問題も痛感しますね。さらに、核兵器撤廃の展示など、あまりにも理想主義に走りすぎている展示も多くあり、核の傘に守られている日本人としては、なかなか共感できませんでした。

f:id:worldtraveling:20170506055418j:plain

そして、最後に案内されたのが総会議場(General Assembly)。奥にある壇上が、世界中のリーダーがスピーチを行ってきた場所です。総会の議場に通されたものの、前の方に行くことはできず、後ろの方から見るだけです。JAPANの席に座れなかったことが少し残念でした。

 

 

ワシントンDCのオススメ観光スポット10選!

f:id:worldtraveling:20170506043833j:plain

ワシントンDCに5泊もし、観光スポットをくまなく回ったので、行ってみて感じた、オススメ観光地トップ10を紹介します。

10. 硫黄島メモリアル

f:id:worldtraveling:20170505035944j:plain

有名な写真である「硫黄島の星条旗」の銅像がワシントンDC郊外にはあります。写真では見たことあったのですが、想像以上に大きく迫力がありました。必須の観光スポットではありませんが、時間があれば是非訪れてみてください。

9. ワシントンDCの地下鉄

f:id:worldtraveling:20170505040454j:plain

DCの地下鉄は新しく、薄暗い照明が独特の雰囲気をかもしだしています。

どの駅も、写真のようなモダンなデザインになっており、日本の地下鉄の駅とは大きく異なっており、DCの移動では一回は地下鉄を使用することをオススメします。

8. アメリカ国立公文書館

f:id:worldtraveling:20170506045025j:plain

ここにはアメリカにとって最重要な書文である独立宣言と合衆国憲法の原文が厳重に保管されています。ちなみに、ここが映画ナショナル・トレジャーで、独立宣言書を盗み出す建物です。アメリカ人は合衆国憲法ばかりに興味があり、独立宣言は見落としがちです。

7. アーリントン国立墓地

f:id:worldtraveling:20170505041740j:plain

ここはケネディー大統領を含め、国のための奉仕の中で亡くなった主に軍人の方々の墓地が何十万と広がっている丘です。ちなみに、ここは隣接するヴァージニア州にあるのですが、距離的にはDCに近く、次に紹介するリンカーン記念堂から歩いていけます。

6. リンカーン記念堂

f:id:worldtraveling:20170505040501j:plain

リンカーンの巨大な石像があるのが、第16代大統領のエブラハム・リンカーン記念堂です。ここは、DCの中心部に位置するナショナル・モールの西端にあり、記念堂からは国会議事堂までを見渡すことができました。巨大なリンカーンを見上げる感じがたまらなかったです。

 

5. ジョージタウン大学

f:id:worldtraveling:20170505042508j:plain

ジョージタウン大学は、ワシントンDCの北西にあるジョージ・タウン地区にある名門大学です。この大学は建物がヨーロッパ風の建築で少し、ハリーポッターホグワーツっぽいところもありました。また、ジョージ・タウン地区は高級ショッピング街なので、買い物をしたい方はここち行きましょう。

4. ナショナル・ギャラリー

f:id:worldtraveling:20170506070328j:plain

 ゴッホの自画像や、モネ、セザンヌゴーギャン、ドガ、ダ・ヴィンチ、エル・グレコなど有名な絵画を数多く展示している美術館です。ちなみに、ワシントンDCにある美術館や博物館は全部入場料無料です。

3. アメリカ議会図書館

f:id:worldtraveling:20170505041215j:plain

あまりガイド・ブックには載っていませんが、想定以上に良かったアメリカ議会図書館。日本でいう国立図書館に該当する建物ですが、内装は超豪華で日本のとは天と地の差です。合衆国議会と地下でつながっているので、議会ツアーの後に立ち寄ると良いと思います。

2. 国立航空宇宙博物館

f:id:worldtraveling:20170505040512j:plain

アメリカの飛行機やロケットなど航空宇宙に関わるありとあらゆるものが展示されている博物館です。中にはライト兄弟の飛行機から、零戦、アポロ11号、月の石など、ここにしかないものが大量にあり、全部見るなら1日はかかる膨大な量が展示されています。もちろんここも入場料無料です。

1. キャピトル・ヒル

f:id:worldtraveling:20170505042427j:plain

アメリカ合衆国議会議事堂、通称キャピタル・ヒルです。この写真の壇上になっているところは、大統領の就任式が行われる場所です。中は無料ツアーで入ることができ、ガイドさんが案内してくれます。一応予約をとっておくと良いと思います。

 

 

 

【裏技】海外ホテルがいつでも16%オフ!知られざる旅の節約術。

f:id:worldtraveling:20170323013023j:plain

ここ40カ国以上も旅する中で友人や知人から海外旅行の方法について聞かれることが多くなりました。今回は、備忘録がてら、私が海外での宿の予約で使っているテクニック・節約術を紹介します。知っていれば誰でも行えるので是非、少しでも財布への負担を減らすためにも実践してみてください。

その1 Booking.com を利用する

f:id:worldtraveling:20170405082435p:plain

予約サイトは Expedia, Agoda, DeNAトラベルなどいろいろありますが、その中で一番ロイヤリティープログラムが充実しているのが Booking.com です。ロイヤリティープログラム=「使い続ければお得」になるシステムのこと。

Booking.com の場合、たった5回利用するだけで GENIUS会員に誰でもなることができます。GENIUS会員になると検索結果の一部(経験上、およそ半分)が10%オフになります。ヨーロッパ旅行で少し豪華な3万円のホテルに泊まる場合は、3000円も割引になります。しかも、このGENIUS会員は一度なれば、ずっとこのステイタスは維持されます。

わずか5回で会員になれるので、私は気が付いたらGENIUS会員になっていたので、それ以来は必ず割引が得られる Booking.com を利用し、毎回10%節約しています。

 

その2 楽天トラベル 経由をする 

 

f:id:worldtraveling:20170405082605g:plain

 

楽天は2016年2月1日より、楽天トラベルの海外ホテルの仕入れでブッキング・ドットコムとの連携を開始し、海外ホテルは画面上に「Powered by Booking.com」と表示され、楽天トラベル経由で、Booking.comを予約できます。

これにより、5%付与の楽天ポイントをも同時にゲットすることができます。ここで得られる楽天ポイント期限も無く、その後の国内ホテルや海外航空券で予約できるので、実質現金と考えることもできます。

その3 楽天カードで支払う

f:id:worldtraveling:20170405090035p:plain

これは楽天を使えば必ずあることですが、楽天カードでホテル代をオンライン、もしくは海外で支払うことでさらに1%ポイントが還元されます。でも、この3つ目は楽天カードでなくても、高還元率のカードを利用すればクレジットカーどの種類は何でも良いと思います。

楽天カードプレミアムカードは、世界中の空港ラウンジを使えるプライオリティ・パスが自動でついてくるので、収入のある社会人の方はこちらが良いのかもしれません。

学生身分の私は、楽天カードで我慢しています 笑

まとめ 

Booking.com で予約 10%オフ

楽天トラベル経由で予約 5%オフ 

楽天カードで支払う 1%オフ

 合計 16%オフ

楽天トラベルを経由するだけで、これだけの割引をゲットできるので、今度の旅行で是非この裏技を利用してみてください。

 

 

世界一厳しいセキュリティーチェック!イスラエルの超難関警備。

https://www.instagram.com/p/BPVAPE9l_Ez/ 

最近、航空機にパソコンを持ち込み禁止など、セキュリティが厳しくなっていますが、その最高峰がイスラエルのセキュリティです。

私の経験上、もっとも厳しかったので、その常識はずれの厳しさを紹介したいと思います。

第一関門 危険人物度の判断

f:id:worldtraveling:20170323094734p:plain

日本ならば、すぐチェックインカウンターに行ってチェックインをするのですが、イスラエルでは、その手間に空港職員による審査のデスクががあります。

ここでは、イスラエルで何をやったのか、誰に会ったか、荷物を頼まれていないか、など質問を受け、職員がもった印象に基づき、番号をパスポートに貼られます。

f:id:worldtraveling:20170323093516j:plain

これが貼られる番号。最後の1桁の番号が高ければ高いほど危険人物と判定されているらしいです。

私は「3」と比較的安全な人物と判断された模様ですね。

第二関門 チェックイン

f:id:worldtraveling:20170323093134j:plain

次は、日本でもお馴染のチェックインカウンターでのチェックイン。

日本と同様にパスポートを提示し、航空券を発券してもらいました。

だが、預け荷物をもその場で預けると思いきや、預け荷物は奥に持っていくように指示されました。

 

第三関門 中身を全部出す

f:id:worldtraveling:20170323095606p:plain

預け荷物を奥のデスクに持っていくとパスポートの裏の番号を見て、中身を全部出す必要があると言われました。

「マジかよ?」と思いつつ、同意すると、

君は「3」だから立会いする必要はないと言われ、係員に中身のチェックを任せて次に進みました。

危険度が高い人はその場で立会いながら、中身を一つ一つチェックされるそうです。

第四関門 手荷物も中身を全開!

預け荷物についで、手荷物も中身を全部出さないといけません。

普通ならば流れ作業で進む空港のセキュリティ検査もイスラエルでは、ブースが20個ほどあり、一人15分ほどかけて綿密に検査します。

まずは機械を通してX線検査。

私は機械検査で荷物は引っかからなかったのですが、無条件に皆、中身を全部出すように指示されました。

f:id:worldtraveling:20170323095847p:plainf:id:worldtraveling:20170323095849p:plain

身体検査も、靴はもちろん、機械を通過した時に問題がなくとも、体を手で触って検査するフリスクをさせられます。

全部検査が終わると、荷物を全部戻さないといけなく、面倒でした 笑

第五関門 出国審査

f:id:worldtraveling:20170323093835j:plain

ここまで来ると後は出国審査だけです。

出国審査は機械化されており、右の青い入国カードをかざすと、左のピンクの出国カードをもらい、出国審査は終わりです。

 

イスラエルの空港のセキュリティは入国審査と並び世界最高峰ですね。