TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

【秘境】中東のグランドキャニオン!ワディ・ケルト

f:id:worldtraveling:20170121201005j:plain

ひたすら砂漠。

これがパレスチナの大地です。

これだけ見ると分かりませんが、実はここ、海面の下に位置する海抜マイナス・メートルの世界。

ちなみに、世界で一番低い地点である死海(マイナス400メートル)もここパレスチナにあります。

 

そんなパレスチナも今日で2日目、さっそく観光したいと思います!

今日は、パレスチナグランド・キャニオンとも呼ばれる山奥にある、聖ゲオルギス修道院へ行きます!

 

場所はここ!

パレスチナのど真ん中。

最寄り街のJerichoから片道6kmの道をひたすら歩きます。

南にある湖は、あの有名な死海です。

 

f:id:worldtraveling:20170121201003j:plain

途中で、まさかの国連の車に遭遇。

治安も悪くなく平和な日常ですが、こういう時に、パレスチナが紛争地帯であることを思い出します。

f:id:worldtraveling:20170121201035j:plain

とりあえず、こんな感じの山道をひたすら突き進みます。

時々、タクシーの運転手が、声をかけてきますが、どうせボッたくってくられるので無視。

標高が海の下で、酸素がたくさんあるせいか、意外に登り坂も楽でした 笑

f:id:worldtraveling:20170121200940j:plain

途中で、羊の群れを飼ってるベドウィンの青年たちに遭遇。

声をかけられ、一緒にお茶をすることに。

彼らは、相当アジア人を珍しがっていましたね。

親切にも紅茶を振舞ってくれましたが、紅茶はやっぱり砂糖が大量に入ってる中東風 笑

他にも、ナンと似ているパレスチナ地方のパンをトーストしたものを振舞ってくれました。

一応、目的地は聖ゲオルギス修道院なので、お礼を言って歩き続けます。

 

f:id:worldtraveling:20170121201051j:plain

到着!

この渓谷の中にある建物が聖ゲオルギス修道院

絶景ですね。

ここまで歩いて90分かかりましたが、歩いた甲斐がありました!

少し、アメリカのグランド・キャニオンの雰囲気がしますね。

f:id:worldtraveling:20170121200948j:plain

階段を下って、修道院の方へ。

この修道院は約1600年前に聖ゲオルギスによって建てられたそうです。

ちなみに、この渓谷はワジ・ケルトという枯れ川で、雨が降った時しか水が流れません。

「ワジ」とは現地語で枯れ川で、年に時々降る雨でが何百年の歳月をかけて、こんなグランド・キャニオンに似た、雄大な渓谷を作り出したそうです。

f:id:worldtraveling:20170121220213j:plain

修道院の中は撮影禁止だったので、写真はありませんが、修道院からの眺めはこんな感じ。

 「渓谷の中」って感じです。

こんなひと里離れた山奥なら、修道士たちも修行に集中できる気がします 笑

 

帰り道は、また6kmの道のりを1時間30分ほどかけて、ひたすら歩いて、久しぶりの良い運動になった気がします笑。