TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

世界一厳しい!イスラエルの入国審査の注意点

f:id:worldtraveling:20170119050326p:plain

イスラエルと聞いてどのようなことをイメージするでしょうか?

パレスチナ問題、テロなど危険なイメージがついて回る国ですが、そのためか入国検査も厳しいです。

私がイスラエルの入国検査で経験したことを紹介します。

 

入国前の抜き打ち検査

私の場合は飛行機から降りたら、突然、セキュリティを名乗る男二人に止められました。パスポートを渡し、質問されます。

  • イスラエルに何をしに来たのか?
  • どれくらいいるのか?
  • どこから来たのか?
  • 職業は何か?

いろいろと聞かれますが、一つ一つ丁寧に答えれば大丈夫でした。

私の場合は上の4つを質問された後、あらしくない人物と判断されたのか、解放されました。

過去の渡航歴次第では別室送り

f:id:worldtraveling:20170119051127j:plain

ようやく本来の入国審査へ。

やはり、厳しいせいか入国審査は大行列。

日本人はビザ免除国なので、ビザなしでイスラエル渡航することはできます。

 

 

しかし、もし、審査官が怪しいと判断すれば別室送りです。

私の友人は、過去にイランへの渡航歴があり、そのために別室に連れて行かれ、入国に4時間かかったらしいです。

私も昨年イランに行きましたが、パスポートを更新したのでバレずにしみました。

  • イスラエルに何をしに来たのか?
  • どれくらいいるのか?
  • どこから来たのか?
  • 職業は何か?

と同じ質問の繰り返しでした。

ちなみに、イスラエルでどこに行くのか?と聞かれた時にパレスチナへ行くというとこれもまた別室送りらしいので、エルサレムに行くと言った方がいいらしいです。

ビザ・カードの発給

f:id:worldtraveling:20170119051123j:plain

入国の時は、昔まではスタンプを押していたらいいのですが、イスラエルの入国スタンプがあると入国を拒否されるアラブ諸国があるために、今ではスタンプの代わりにこの「ビザ・カード」と呼ばれる紙を発給されます。

そのため、以前はスタンプが欲しくない場合は「NO STAMP」という必要がありましたが、もう不要ですね。

ちなみに、このビザカードはイスラエルパレスチナの検問所などで提示が求められるので、常に無くさず、パスポートと一緒に携帯しましょう。

まとめ

イスラエルの入国審査は厳しい

けど、正直に丁寧に答えれば時間はかかっても、最終的には入国できる。

 

面倒くさいかもしれませんが、安全のためには仕方ないのかもしれませんね。