読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

イラン人家庭で過ごしたイランのお正月!ノウルーズ!

イランのお正月

イランの正月は「ノウルーズ」と呼ばれ、西暦では毎年3月の中旬にあります。

私は、このイランの正月のことを何も知らずに、航空券を購入したら、まさかの正月期間であることが判明しました。

f:id:worldtraveling:20170128212749j:plain

空港に着くと、こんな感じに、正月のお供えものがされています。

お供え物は「ハフト・シーン」直訳すると7つのSと呼ばれ、

  1. Sabzeh 小麦 生誕の象徴
  2. Samanu 小麦からつくられた甘いデザート 富の象徴
  3. Senjed 野生のオリーブスイーツ 愛の象徴
  4. Seer ガーリック 健康の象徴
  5. Seeb りんご 美の象徴
  6. Somaq スマック(赤色の果物) 日の出の色の象徴
  7. Serkeh ヴィネガー 老齢の象

イラン人家庭での正月

イランの南部にあるシラーズの知り合いが、親切にも家庭に招待してくれたので、お邪魔しました。

テヘランにいたので、そこから長距離バスで約14時間かけて、シラーズに向かいます。

友達がバス・ターミナルまで迎えに来てくれて助かりました。

そこから家に行くと、なんと家族全員が集結!

自己紹介するのにも時間がかかります 笑

f:id:worldtraveling:20161215091926j:plain

家族全員揃って、食事です。

イラン人は子沢山の人が多く、家族3代揃って、この人数です!

イランも日本と同じで床でに座って食べます。

食べ物は、サラダやイラン風のナンみたいなパン、スープなど。

f:id:worldtraveling:20161215092034j:plain

ちなみに、手間にあるのは羊の頭です。

意外にコリコリしていて美味しかったです 笑

家族がみんな集まって美味しいものを食べることは、イランも日本も一緒ですね。

 

郊外へBBQ

f:id:worldtraveling:20161215091909j:plain

翌日は車で、郊外の山奥へBBQ!

イランは意外に険しい山が多く、私のいたシラーズも標高が高く、1500メートルくらい。

f:id:worldtraveling:20161215092133j:plain

途中で、ゾロアスター教の遺跡に寄りました。

イランは、イスラーム流入してくる前までは、ゾロアスター教が主要な宗教だったらしく、いたるところに遺跡があります。

f:id:worldtraveling:20161215092057j:plain

日差しが強く、3月なのに25度くらいの暑さでした。

 

f:id:worldtraveling:20161215092713j:plain

場所を決めて、ケバブをしました。

ちなみに、ケバブとはイランではBBQのこと。つまり、BBQ風に焼いたものは何でもBBQになるのです。

f:id:worldtraveling:20161215092221j:plain

お腹がいっぱいになったので、適当に散策します。

途中で、羊の群れに遭遇。

この地帯は放牧が多いそうです。

f:id:worldtraveling:20161215092320j:plain

丘の上からの眺め。

天気も景色も最高です。