読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

危険?そんなことはない!おもてなし精神溢れるイランを旅した7日間。

この記事はイラン旅行のダイジェスト版なので、詳しくは項目ごとに記事を貼っていきます。

行程表

f:id:worldtraveling:20170131011325p:plain

ヨーロッパからの帰りに立ち寄ったので、ドバイ往復でとりました。

ちょうど一週間滞在し、宿はとりあえず一泊分だけ予約していたのですが、あとはノープラン。

その結果、こんな感じに楽しい旅行になりました!

準備

イランは欧州や東南アジアの国と比べればかなりユニークな国なので、いろいろと事前に調べて準備しておくべきことがいろいろとありました。

クレジット・カードの利用も現金の引き出しも一切できない国なので現金を十分に持って行くことや、西洋数字の代わりにペルシャ数字が日常的に使われているのでそれを学んだり、女性ならばヒジャブを買ったりと、やることがたくさんあるので、2つの記事に分けて記事を書きました。

他にも、歴史的にもイスラム革命を経験している独特な国で、いろいろと情報も少ないので、本も何冊が事前に読みました。

こんな感じに片っ端からリサーチをしましたね。

海外旅行は慣れていたのですが、まだ20歳。

しかも一人旅だったので相当不安でした。

 

アライバルビザを取得 

イランの入国には日本人はビザが必要。

ビザは空港で取得できますが、手続きが面倒だったので、参考のために私の経験をブログに綴りました。

 

1日目 テヘラン観光

f:id:worldtraveling:20170131010700j:plain

 テヘラン市内をとりあえず散策。

世界遺産であるゴレスターン宮殿などを周り、とりあえずイラン人のおもてなし精神に感動しましたね。

詳しくはこちらをどうぞ。

2日目 旧アメリカ大使館に行ってみた!

f:id:worldtraveling:20160424182049j:plain

 映画アルゴの舞台ともなった旧アメリカ大使館に行きました!

イランの革命の舞台ともなった、反米感情の聖地。

 

イランの夜行バスに乗ってみた

f:id:worldtraveling:20160427173559j:plain

テヘランで2日間過ごした後は、友達に会いに南部の都市シラーズへ!

移動手段はバス。

イランは、産油国のためか公共交通機関が安い!

VIPバスを予約したら、ゆったりとした大きな席、夕飯のサービスなど、日本と比べてかなりユニークな経験をできました。 


3日目 世界遺産ペルセポリス

f:id:worldtraveling:20160429140549j:plain

 イランの世界遺産の1つ、ペルセポリス

2000年前のイランの古都の1つの遺跡群。

イランの古代ペルシャ帝国の都市で、高校世界史で出てくるので聞いたことある人もいるかもしれませんね。

 

 

4日目 イラン風バーベキュー

https://www.instagram.com/p/BDTk9IwHmgk/

 

この日は、お邪魔していたイラン人の家族たちと山の方へBBQに行きました!

砂漠しかないと思っていたイランにこんな緑があってびっくり。

こちらの記事ではイランの家庭でのご馳走も紹介しています。


5日目 世界一美しいモスク

https://www.instagram.com/p/BDXcp55nmpJ/

 

 この日は世界一美しいと称される、マスジェデ・ナスィーロル・モスク、通称ピンク・モスクに行ってきました!

6日目 さよならイラン

f:id:worldtraveling:20170128214851j:plain

 シラーズの空港からテヘランまで飛び、そこからエミレーツ航空でドバイ経由で帰国。

エミレーツの飛行機に乗った途端、「見慣れた世界に戻ってきた」という安堵というか、旅が終わったのだと実感しました。

 

イランに関していろいろと記事を書いているので、参考までにどうぞ。