TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

【必読】インドに旅行する前に読むべき本、3選!

f:id:worldtraveling:20170509030301j:plain

「人生観が変わる」とよく言われる国、インド。

そんなインドに行ってみたいけど、ちょっと不安、という人も多いと思います。

そんな「インドに行きたいど、ちょっと不安」という人向けに、インドをバックパックした経験から厳選した、インドに行く前に読むべき本を3冊紹介します。 

インドなんて二度と行くか!ボケ!! [さくら剛]

私の経験からしても、インドはこの本に書いてある感じです。 これからバックバッカーでインドに行こうとしてる人は、この本に書いてあることが100%自分の身に降りかかると思って、ほぼ間違いない!

かなり大げさな表現もありますが、これくらいのイメージを持っておくと精神的な準備はバッチリ。


インドに行ったことのある人が読んだほうがきっと5倍くらい面白いのですが、

1度目は予習のためインドに行く前に、

絶対読んでください!

 

「今日は駅の切符売り場お休みだよ?」という言葉を信じて旅行会社に行ってしまう前に、

政府の旅行会社を信用してツアーを組んでしまう前に、

トゥクトゥクのドライバーに騙され宝石店に連れて行かれる前に。

 

普通に内容や文章が面白いので、インドに行ったこともないし、これからもインドに行かないって人にもお勧めです。

 深夜特急3 インド・ネパール [沢木耕太郎

飛行機を使わず、バスや鉄道で香港からロンドンまでを横断する超有名な旅行記。

バックパッカーのバイブル的な存在の本です。

世代を問わず知っている本で、私もインドの山奥で40代の日本人男性と出会った時には、この本の話題でかなり盛り上がりました。

旅先で出会った日本人とは共通の話題になる、バックパッカーなら誰でも知っている本ですね。

この深夜特急は6部から成っていて、インドはその第三部です。

舞台は1970年代?のインドを旅した時の事情らしいので直近の旅行事情とは変わっているのですが、その違いも楽しめる本だと思います。

それでも、混沌、無秩序、雑多、というインドの様子は変わりません。

この本を読めば絶対インドに行きたくなるバックパッカー必読の一冊。

インド旅行記(1) [中谷美紀] 

女優の中谷美紀さんがインドを旅した時の本です。

今まで紹介した2冊の本と比べると、少し系統は違いますが、この本は特にインドにバックパッカーとして行こうと考えている女性にオススメ。

最初の頃は神経質に除菌用のウエットティッシュで手をふいたり、あろう事か食後に食中毒予防として日本から持参したチューブ入りわさびをなめたり(本当に効くのか?かえっておなかこわしそう。)と旅なれず不安な様子が伝わってきてリアルに感じました。

旅なれた身からしてみると批判したくもなりますが、日本人の女性が初めてインドを旅するとやはり最初はだれでも多少なりともこんな部分があると思います。

私も結構アジアを旅しましたが最初旅した頃の事を思い出しました。

 インドに行きたい!と考えている方はこちらの記事もどうぞ。