読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーロラの国!アイスランドに行く前に知っておくべき7つのこと

アイスランド ヨーロッパ 旅情報 旅のコツ

f:id:worldtraveling:20170314032751j:plain

アイスランド旅行で感じた、アイスランドの素晴らしさやいろいろな事情を紹介します。

1 意外に暖かい

https://www.instagram.com/p/BPAbWqoFd9P/

国名に「アイス」とあるだけに寒いのかと思いきや、意外に暖かい国なのがアイスランド

私は1月に訪れたのですが、気温は東京よりも寒いですが、東北地方並み程度。北海道よりは確実に暖かいです。

私が訪れた時は最高2度、最低氷点下5度くらいでした。

 

2 温泉大国!

f:id:worldtraveling:20170317045452j:plain

*1

アイスランドは日本に匹敵する温泉大国!

国全体が火山地帯で、ほぼすべての街に温泉があります。

しかし、要注意なのが、温泉なのに水着を着て入ること。

アイスランドでは「温泉=暖かいプール」みたいな感じになっており、日本の温泉とはまた異なる雰囲気。

温泉の中でも一番有名なのが、写真のブルー・ラグーンと呼ばれる巨大な温泉施設。 

 

3 ブルー・ラグーンはボッタクリ

アイスランドと言えばブルー・ラグーンというくらい有名な温泉ですが、ここはその独特のお湯の色だけでなく、入湯料のボッタクリでも有名な温泉。

私は入湯料に50ユーロを支払いました。(6200円!)

日本人の感覚からしてみれば、ここは温泉というよりもリゾート・プール。

しかも事前予約必須です。

疲れをとりに温泉に入りたいのであれば、どこの街にもある市民プールをオススメします。

私は飛行機で席が隣のアイスランド人に、市民プールのことを教えてもらいました。

f:id:worldtraveling:20170317042251j:plain

レイキャビクの市民プール。

私は、セルフォスとレイキャビクの市民プールに行きましたが、どちらも900クローネ(900円)。

ブルーラグーンの7分の1の値段だけでなく、静かで、現地の人とゆっくりできるので是非、市民プールにも足を運んでみてください。

4 レンタカーとクレジットカードは必須

f:id:worldtraveling:20170314034324p:plain  f:id:worldtraveling:20170314034847p:plain

アイスランドの主要観光地は全部地方にあり、首都のレイキャビクは見所があまりありません。そのため。アイスランドを観光するにはレンタカーが必須です。

もちろんバスツアーもありますが、ツアーの場合は嫌だと感

こんな事情のためレンタカーは一般的で、多くの業者があります。

 

また、アイスランドでレンタカーをする場合は、借りるときのデポジットとしてクレジットカードが必要になります。

クレジットカードを持っていない人は、楽天カードのような無料のクレジットカードでいいので持って行きましょう。

私は楽天カードを使いました。

5 水は臭いけど軟水

f:id:worldtraveling:20170128082356p:plain

アイスランドの水道水は火山大国のため、水が硫黄臭いです。

シャワーも硫黄の匂いがするので、びっくりしないでください。

これには、慣れるのに時間がかかりましたが、鼻をつまめば、水そのものは日本と同じ軟水で美味しかったです。

旅の最後の方は毎日水道水を飲んでいました。

ロンドンやパリなど、ヨーロッパの国は硬水なので、それと比べれば私はまだ好きでしたね。

 

6 物価はお高め

f:id:worldtraveling:20170317044327p:plain

言うまでもないかもしれませんが、アイスランドの物価は高い!

レストランに入れば最低でも一人2500円。

カフェのスープセットでも1600円。

ガソリンの値段も日本の1.5倍。

とにかく、値段が高いので覚悟しましょう。

7 お酒は空港の免税店で買おう 

f:id:worldtraveling:20170317044026j:plainf:id:worldtraveling:20170317044025j:plain

普通のVIKINGビールと度数2.25%のTuborgビール

アイスランドはお酒の売買がとても厳しい国。

国内では政府指定のお店でしか売られておらず、首都レイキャビクには販売店が5店のみ。

もちろんバーやレストランでは売られていますが、スーパーではアルコール度数2.25%までのお酒しか売れないので、アイスランドのスーパーには、度数2.25%のビールがあります。

けど、味はイマイチで税金もかかって高いので、空港にある免税店でお酒類は買うのをオススメします。