TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

【聖地】ハリーポッターが生まれたカフェに行ってみた!

【聖地】ハリーポッターが生まれたカフェに行ってみた!

ハリーポッターの作者J.K.ローリングが、ハリーポッターの第1巻を書いたと言われているカフェに行ってきました!

f:id:worldtraveling:20161204035626j:plain

カフェの名は「THE ELEPHANT HOUSE」

名前の由来は謎ですが、店内はエレファント(象)のオブジェや関連する家具であふれていました。

場所は、もちろんイギリスですが、ロンドンではなく、スコットランドの首都であるエディンバラにあります。

エジンバラJ.K.ローリングがハリーポッター執筆中に在住していた街として有名ですが、このカフェもエジンバラ市内にあります。

 

実際に行ってみた!

f:id:worldtraveling:20161204035629j:plain

さっそく店内に入ると、壁にはこのカフェで本を書くJ.K.ローリングの写真が、新聞記事などが展示してあります。

 

f:id:worldtraveling:20161204041010j:plain

店内はこんな感じです。 

ここでJ.K.ローリングがハリーポッターの最初の本である賢者の石を書いたと言われています。

f:id:worldtraveling:20161204035617j:plain

実際、窓の外にはホグワーツ城のモデルとなったとも言われるエジンバラ城を見ることができます。

f:id:worldtraveling:20161204035615j:plain

私は休憩とお昼を兼ねて入店したので、エール・パイと紅茶を注文しました。

非常にイギリスらしいものを注文した気がします 笑

トイレのサプライズ!

お昼を食べ終わり、トイレに行くと、サプライズが待ってました!

f:id:worldtraveling:20161204041842j:plain

なんとトイレの中は四方の壁が落書きで埋め尽くされています。

よくよく見ると、落書きはハリーポッターに出てくる台詞やハリーポッター用語で、いろいろと懐かしいセリフなどがあって、読むのが面白かったです笑

 

おそらく、ここを訪れた多くの熱烈なポッターファンたちが書き残して行ったのでしょう。

f:id:worldtraveling:20161204041858j:plain

もう少し細かく見るとこんな感じです。

紫色で「I solemully swear that I'm up to not good」とありますが、これは日本語だと「よからぬ企みをしていることを厳粛に誓います」となり、映画ではアズカバンの囚人で現れるこのシーンですね。

f:id:worldtraveling:20161204042306g:plain

エジンバラがあるスコットランドは、その他にもロケ地に使われた場所や明らかにハリーポッターのモデルとなったと思われる場所がたくさんあります。

こちらの記事でもスコットランド旅行で訪れたハリーポッター関連の場所を紹介してるので読んでみてください。