読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TΛBI MONDO

世界を旅する学生トラベラー

【徹底解説】イラン、アライバル・ビザの取り方《2017年》

イランのビザ

f:id:worldtraveling:20161005071750p:plain

イランに日本人が行く場合にはビザが必要。

その取り方は主に2つあります。

  • (1)事前に在日イラン大使館に行き、申請する方法。
  • (2)空港の到着時にアライバル・ビザを取得する方法。

(1)の事前に取得する方法は、推薦書などいろいろ書類が必要で面倒。

そのため、今回は私がイランに行った時に申請したアライバル・ビザの取り方を紹介します。

 

1. 飛行機から降りたら入国審査へ行く

f:id:worldtraveling:20170323094734p:plain

2. 入国審査の手前にアライバル・ビザ申請カウンターがあるので、アライバル・ビザを取りたい旨を伝える。

3. まず、イランの保険に加入することが求められるので15ユーロで加入する。

(海外保険に入っている旨を言えば加入しなくても良いらしいが、その手間も面倒なのでとりあえず加入するとスムーズ)

これが保険加入証明書

f:id:worldtraveling:20160415211837j:plain

4. 保険加入証明書を持って、ビザ申請窓口へ行って、申請用紙をもらう。

父親の名前を書かされるのが、さすがイスラム圏って感じ。

ちなみに、宿を事前に一泊分確保していないと申請はきついらしいので、私はとりあえず、一泊分のみ確保。

f:id:worldtraveling:20160415211340j:plain

5. 記入が完了したら、それを窓口に提出して、ビザ代の支払書をもらい、隣の銀行のカウンターで支払う

ビザ代は40ユーロ。この値段は国籍によって異なるそうで、宿で一緒だったドイツ人やイタリア人たちは60ユーロだったらしい。

ちょっとした日本人の特権かも

 

6. 支払いのレシートを持って再びビザ申請窓口に提出して、後は待つ

私の場合は、4−5人しか申請者がいなく、約25分ほど待ちました。

呼ばれる時は、国名で呼ばれれたので、「JAPAN!」って呼ばれたらカウンターにいきましょう

f:id:worldtraveling:20160415212835j:plain

7. アライバル・ビザがパスポートに貼られたのでそれを持って入国審査へ

パスポートで日本人とわかると、tokyo?とか話しかけられました

8. 入国審査通過後に係員に別室に連れて行かれ、指紋を取られます

ようやく、入国スタンプを押してもらい、イランに入れたと思うと入国審査官が「wait!」と言いわれ、待っていると別の係員に連れられ別室へ。

なんかヤバイ予感がし、尋問でも始まるのかと思いましたが、ただ指紋をとるだけでした 笑

指紋をとり終わると、係員に Welcome to Iran!  と一言いわれ嬉しかった記憶があります。

9. ようやく、入国!

まとめ

必要なもの

・パスポート

・55ユーロ(保険15ユーロ+ビザ代40ユーロ)

・ペン

以上。

 

イランのアライバル・ビザ申請は意外に簡単で拍子抜けしてしまいました。

 イランに興味がある方はこちらの記事もどうぞ!